FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災と物流とキャベツ

僕たちが収穫と定植作業に日々追われる中、

東日本では想像を絶する震災が起きていました。

その日は海の近くの畑にいて、去年に続いて二度目の『津波警報発令中!!』と放送が鳴り響く中、

そこまで気にする事なく作業していました。(前回は20㌢の津波だった為・・)

結果1.6㍍の津波が近くの漁港へ押し寄せたのですが、特に被害はありませんでした。

知らないとは怖い事で、その時東北ではそれの何十倍もの津波が町を飲み込んだ事は後から知りました。

テレビの映像を見て唖然とし、そして自分の行動も軽率だなと反省しました。


余震や原発の事でまだまだ予断を許さない中、東北方面への野菜の物流がほぼストップ

している事を耳にしました。

交通網やガソリンの関係でと思っていましたが、どうやら運送会社が、放射能が降り注いでいる

ような地域には近付きたくないという理由があるそうです。

実際には人体に影響の無いレベルの放射能だとしても、明日どうなるかは分からないことだし、

余震も毎日続く中、命がけの運送になってしまう事を考えると、

誰も責めることはできないなと思ってしまいます。


そんな中、原発問題で揺れる福島県からキャベツを1000ケース欲しいという

注文をもらいました。当初、運んでくれる人が見つからなかったのですが、

関東方面からトラックが来てくれる事で、注文が成立しました。

震災の為に何かしたくても募金しかできなかった僕にとっては、

こんなにうれしい事はありません。

というわけで、明日はファーム全員、他のどんな作業よりもキャベツの収穫を優先して行う予定です。


自分たちの育てたキャベツが物流を通じて、

被災地へ安全に届けられる事を祈っています

かんしい
スポンサーサイト
プロフィール

ミマスファーム

Author:ミマスファーム
ミマス農場通信へようこそ!
農業の楽しさ、厳しさ、難しさを、農業の現場からお伝えします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。